土地の費用を抑えることが安く建てるコツ

注文住宅の費用は軽く3000万円を超えると考える人が多いですが、そもそも明確な価格は決まっていません。予算は施主が決めるべきもので、その点がすでに価格が設定されている建売住宅と異なるところです。3000万円以下に抑えるためのポイントは、まずは土地にお金をかけすぎないことです。建物自体の価格というのは、日本国内であればどのエリアに建てても極端な差は出ません。大きな差が出るのは地価であり、例えば都心に注文住宅を建てるとなると、ほとんどが土地代になるケースもあります。

3000万円以下の注文住宅となれば、土地にお金をかけすぎるわけにはいきません。それゆえ地価が高すぎないエリアを選ぶことが重要になります。ただし地価が高額なエリアであっても、狭小住宅にすれば3000万円以下で建てられることがあります。

妥協をすれば3000万円以下の家造りは可能

注文住宅は3000万円を超えてしまうことが多いです。家はもともと高価なものですし、近年の木材価格上昇の影響もあって家自体が値上がりしています。それゆえ3000万円以下で建てるとなると、妥協が必要になることが少なくありません。複雑な住宅設計にすれば建築費用が高くなるので、なるべくシンプルな設計にすることが大切です。家に対するこだわり条件が多すぎる人は、ある程度減らしていく必要があるでしょう。

建材のランクをひとつ下げる、間取りは複雑にしない、なども大切なポイントです。注文住宅の価格は自由設定であり、その気になれば青天井です。逆にいえば3000万円以下で絶対に抑えると決めておけば、それを超えることはないでしょう。ローコスト住宅を売りにしている建築会社に相談してみるのもひとつの方法です。

分譲住宅とは、ハウスメーカーが纏まった土地を購入してそこに複数の戸建て住宅を建てて販売することをいいます。販売時に、モデルルームを用意しているハウスメーカーもあります。