いくらから建てられる?注文住宅の相場とは

建売ではなく、できれば注文住宅。だけど相場よりも安い価格でと思いますよね。まずは注文住宅の相場を知ってから検討することをおすすめします。全体の予算を知れば、コストカットできる部分も見えてきます。注文住宅の家づくりにかかる総額の費用は、アンケートでも1000万円から5000万円と大きく差があります。土地代、建築費、諸費用を含めての金額ですので、まず土地と建物のどちらに比重を置きたいかで予算が変わってきます。地域差もありますので建築費と土地代のバランスを考えなければなりません。建売に比べて自由度が大きいのは注文住宅の魅力でもありますが、費用面や家づくりに関しては考えなければばらないことが多く、信頼できるハウスメーカーを探すことが重要になります。

できるだけ費用を抑えて注文住宅を建てることは可能?

少しでも安くしたい場合は、注文住宅でも1000万円台で建てることが可能です。平均的には2000万円の価格帯が最も多いので、それと比較するとシンプルな家を建てることになります。費用ががかかる資材も使えませんし、屋上やテラス、バルコニーの設置などに関しても難しくなります。部屋の内装や設備についても、安価なものから選ぶことになります。注文住宅の良さは自由設計ですが、予算が少なくかなわない面があることが残念に感じる部分も出てくるかもしれません。ですが、本当にこだわりたい部分を考えれば、必要のないことに関しては予算を削り、ここだけはこだわりたいという部分に予算を回すこともできます。あきらめずに希望に沿って考えてくれる業者を見つけましょう。

建売住宅は、ハウスメーカーが設計した一戸建て物件のことです。購入段階で間取りや建築材料が決まっているので、販売価格が明確です。