注文住宅のデメリット

住居を確保するための方法の一つに注文住宅がありますが、これを選ぶ場合にはそのデメリットについてもしっかりと検討しておく必要があります。注文住宅のデメリットは、何といっても手に入れるために数千万円単位の支出が発生するという点にあります。すぐにそれだけの大金を用意できる人は限られるため、多くは住宅ローンを利用することになるはずですが、将来的な収入の増減を予見するのは難しいため、場合によっては返済が厳しい状況に追い込まれかねないというリスクを頭に入れておかなければなりません。 また、それ以外に、注文住宅を建てると、簡単に引っ越せなくなるという点にも注意しなければなりません。そのため、仕事で異動の可能性があるという場合には、賃貸などの他の選択肢も考慮しておいた方がよいでしょう。

ハウスメーカーのデメリット

注文住宅を建てる場合には、ハウスメーカーに依頼するケースが多いのですが、それにもいくつか注意すべきデメリットがあります。まず、ハウスメーカーを利用する最大のデメリットは、建築コストが高くなりやすいという点です。多くの場合、メーカーは下請け業者に外注することになるため、その分のマージンを考えるとどうしても自社で施工を行う工務店などよりも建築費が高くなりがちです。もちろん、アフターサービスがしっかりしているなどのハウスメーカーならではのメリットもあるのですが、それとデメリットを比較してどうするかを決めなければなりません。また、ある程度使える建材や住宅設備の仕様が決まっていて融通が利きにくいというのも、ハウスメーカーのデメリットといえるかもしれません。

一戸建てを購入する際に自身のライフスタイルに合っているかどうかが重要です。収入問題、家族構成や老後など未来予想図をイメージすることが必要です。子育て、会社までの距離、転勤など重要な判断基準になります。